ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook

一市三町の行政区域地図
当社からのお知らせ

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」


  紙面掲載広告案内
 ■ヘッドライン
 ■会社概要

 


2024年5月22日付
 第6983号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています


【お知らせ】





◆合宿の里情報



士別市での公演ご案内

あさひサンライズホールの公演ご案内




名寄ENーRAYホールの公演ご案内

【今日のヘッドライン】

【士別市】
■高校魅力化支援事業:下宿助成、月額4万円に引き上げ
―部活動推進など4メニュー実施
―翔雲高校の意見聞き事業を展開
士別市は市内高校の魅力向上を図る取り組みとして、一昨年度から高校魅力化支援事業を実施している。この事業については市内高校の意見を取り入れながら事業展開を行っている。本年度について下宿助成の助成額をこれまでの月額2万5千円から4万円に引き上げている。

【士別市】
■上川北部地域救急業務高度化推進協議会
―救急症例研究会などを計画
―士別地方消防事務組合:11月の全国シンポジウムに2名が参加

【和寒町】
■YOSAKOIグループ和凛
―新曲お披露目25日に開催
―「八千代咲花〜春謳う刻」:春の景色と躍動感を表現

「今日のハイライト」 【士別市】  法人会士別支部総会:70周年事業に向けた準備へ

税務研修や会員交流なども

 公益社団法人名寄地方法人会士別支部(斉木勲会長)は20日、士別グランドホテルで2024年度定期総会を行った。
 総会では斉木会長が「今後もみなさんの協力で事業を進めていきたい」とあいさつ。

 来賓として法邑和浩副市長が「人口減少のなか、みなさんには地域の雇用を守ってもらっている。市としてもしっかりと対応していきたい」とあいさつしていた。
 この日は23年度事業・決算報告と24年度の事業計画、収支予算が議題となった。

 23年度事業報告では、会員親睦事業としてゴルフコンペとパークゴルフ大会を開催。
 研修会等ではデジタル入門講習会やインボイス制度対策講習会、個別相談会、税の座談会などを実施している。

 24年度事業計画は、適正な納税申告の普及徹底を図り、税務意識の向上と企業経営および社会の健全な発展に寄与することを基本方針としている。

 おもな事業では、税務研修会の開催をはじめ税制改正に関する提言・要望活動、会員の交流事業などを実施していく。

 また26年に創立70周年を迎えることから、その記念事業開催に向けての準備も進めていくことにしている。

sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.