ヘッドライン
  
     お茶の間に士別市、剣淵町、朝日町、和寒町の地域ニュース!

  道北日報専用の「facebook」を開設しました。

一市三町の行政区域地図

当社からのお知らせ

 アサヒサンライズホール講演のチケットは朝日サンライズ、当社などにあります

紙面連載
(終了分含みます)
 作家・村上春樹さんと士別のかかわりについて→PDF
 ペットボトルで作る「平式人工雪発生装置」

 ■ ヘッドライン 
 ■ 選挙関連 
 ■ 会社概要 

  紙面掲載広告案内

  イベント案内・あさひサンライズホールチケット案内


2020年6月7日(日曜日)付
 第5942号

一部記事等の写真は本紙専用の「facebook」に掲載しています

【今日のヘッドライン】

【士別市】 士別のサフォークが登場します

 長尾寧音さんが主演する北海道の魅力を伝えるショートフィルム「ふるさとからの贈り物」が公開されています。
 このムービーではサフォークのレザーを使った工芸品を制作しているFu's roomさん(札幌市)とともに、士別市のめん羊牧場も舞台になっています。
 長尾さんのコメントもあります。
https://www.shortshorts.org/content/project/9451/
 ※一部、OS(WinXP)によっては見られない場合があるようです。(Win7以降、ipad、iphonでは視聴可能)

 【士別市】 ■新型肺炎(コロナウィルス)関係によるの延期もしくは中止


【士別市】
■市議会第2回定例会
―GIGAスクール:1人に1台のタブレットを整備
―総額で1億円超の予算計上
―旧庁舎解体・改修の契約締結

 士別市議会第2回定例会が5日に開会した。この日は、2020年度一般会計補正予算などを可決した。一般会計補正予算では、GIGAスクール関連予算で約1億円の事業費を計上。市内の小中学生1人に1台のタブレットを整備することにしている。

【士別市】
■牧野市長行政報告
―ウイルス対策、市民の連携で
―市立病院19年度は2千800万円の利益見込む

【和寒町】
■マスク300枚を寄贈
―よさこいメンバーらが手作り

「今日のハイライト」 南郷市民プール:待望のオープンへ

 【士別市】 感染対策守って利用を

 士別市南郷市民プールプールが1日にオープンした。士別市教育委員会は、新型コロナウイルス感染防止を心がけた利用を呼びかけている。

 南郷市民プールは1日にオープン。利用時間は午前10時から午後8時30分までとなっている。

 市内の小中学生は無料で利用でき、高校生は70円、一般が150円の利用料となっている。

 士別市教育委員会合宿の里・スポーツ推進課は「新型コロナウイルス感染防止のための決まりを守って利用してもらいたい」と呼びかけている。

 更衣室の利用については、一度に入る人数は10人までとし、プール内では2bほどの間隔をあけることにしている。

 また入館の際にはマスクを着用し、係員の健康チェックを受けることになっている。

 南郷市民プールに関する問い合わせは士別市教育委員会合宿の里・スポーツ推進課(電話26―7307)で受け付けている。


【お知らせ】









sei
道北日報ヘッドラインに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに 国際条約により保護されています。
Copyright 2001 Douhoku Nippou. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.